木村尚仁研究室のブログ

木村尚仁研究室(物理的デジタル情報研究室)[北海道科学大学の工学部・電気電子工学科および北方地域社会研究所(RINC)]のブログです。

2024/06/18 ちえボラ企画講座 「AI時代、私たちはどう生きる?」 の第3講を実施しました。

先日来ご案内していたとおり,ちえボラ(ちえりあ学習ボランティア)の社会・環境班の方々よりご依頼を頂き,

ちえりあ学習ボランティア企画講座
「AI時代、私たちはどう生きる? ~ヒトと共生するAI社会をめざして~」

の講師を担当しています。
この講座は全4回のシリーズで,前半2回は公立はこだて未来大学の美馬 のゆり先生が,そして後半2回を私が担当します。

ちえボラスタッフとしてこの講座を担当して頂いている北大名誉教授の帰山先生と,ご依頼頂いてからこれまで打ち合わせと準備を積み重ねてきました。まずは2024年06月18日(火)の第3講のテーマは

「あなたの隣のAIテクノロジー
 ~今、AIは私たちの社会とどのように関わっているのか~」

で,次のような内容でちょっとしたグループワークをまじえて,2時間お話ししました。

(1)AIの活用事例

  • 受講者の皆さんに講座開始前後の時間を使って,身近で経験したAI利用の例を書いて頂きました。その上で,アイスブレイク代わりに,近くに座っている人同士で話を共有してもらいました。
  • 続いて,挨拶,自己紹介をした上で,最近の様々なAIの活用事例を紹介。

(2)AIの基礎をおさらい

  • 改めてAI,機械学習,深層学習(ディープラーニング),大規模言語モデルについて解説。
  • 前半の締めくくりに「ドラえもんチャレンジ」を実施。これは先日の「AI のエプロン〜料理に愛を、献立に AI を!?〜」にヒントを得て,峨家さんに了解を頂いて真似させて頂きました。峨家さん,ありがとうございます!

    ドラえもんのイラストを皆さんにお見せし,「生成AI(Copilot)を使って
    このキャラクタのイラストを描いてみましょう」という課題を出します。
    ただしその場で皆さんで実際に描くには,機器も時間も足りません。
    そこで,事例を紹介した上で,2〜4人程度のグループで相談し,できるだけ示されたドラえもんに似せた画像を描くプロンプト(絵を描くための指示)をワークシートに記入します。ただしもちろん,「ドラえもん」という直接の言葉は使わずに。
    このワークシートは私がお預かりし,次回実際に画像化して皆さんにお渡しします。

    ここで一旦休憩。

(3)AIと半導体

  • AI技術のためにはさらなる高性能の半導体が必要とされています。また一方で,半導体デバイスの設計・開発・製造のためにもAIの利用が不可欠です。現在,半導体産業で揺れる北海道において,ある意味で身近な問題である「AIと半導体」の関係について解説致しました。

(4)振り返りチェックテスト

この講座には一般市民約20名の皆さんが受講してくださっています。今回の受講アンケートを見ると,皆さんおおむね満足して頂けたようですが,多様な方々にご参加頂いているからこそ,振れ幅の大きな受け止め方をされているようで。私としても色々なことに気づかされる経験になっています。

 


(この写真は写っている方々に了解を頂いて掲載しています)

次回,6/25(火)は当講座のいよいよ最終回です。この回では,

  1. ドラえもんチャレンジの結果報告
    (「ドラえもんチャレンジ」は第3回で行ったグループワーク)
  2. 前回(第3回)の振り返り
  3. 技術者,テクノロジーの社会的責任を考える
    (休憩)
  4. AI活用のグループワーク 「AIを使ったサービス/製品提供を行う会社をつくる!」
  5. 質疑応答,アンケート

このような内容で,サポート学生2名と一緒に伺って実施します。
第4回の様子については改めて報告致します。
受講者の皆さん,スタッフの皆さん,次回もどうぞよろしくお願い致します!

 

なおこの講座の実施は,私としては共創テクノロジー社会教育研究プロジェクト(SiEdTeC)の一環としての取り組みです。